iphone7sでは水没インジケータが廃止となるか - iphone7sのカラーバリエーション
  • iphone7sでは水没インジケータが廃止となるか

    iphoneの全モデルと、一部を除くipodには、水没インジケータが搭載されており、通常はシルバーまたは白色ですが、水分に触れることで赤く変色し、デバイス内部に水が浸入したことが確認でき、修理に必要となる故障の原因を探ったり、Apple製品を新品で購入した際に付帯している購入後1年保証や、任意加入のAppleCare+の保証対象となるかを判断するための材料となります。



    iphone5移行のモデルでは、SIMカードスロットを引き出した奥に水没インジケータが搭載されています。iphone7では、IP67規格準拠の防水、防塵機能を持っており、雨やシャワー程度の飛沫の中での動作は保証されていますが、長時間の水没状態での使用は、原則としてサポート外となっており、万が一の水没による故障の判断のために、他のモデルと同様に、SIMカードスロットの奥に水没インジケータが搭載されています。

    Girls Channelとの上手な付き合い方をお知らせします。

    一方、次期モデルのiphone7sでは、防水、防塵規格の最上位であるIP68に対応すると言われており、水没した状態での動作も保証されることから、水没インジケータが、その役割を終えようとしています。
    ここでひとつ気になるのが、水没時のiphone7sの保証規定です。



    iphone7までは、公式サポートページにおいても、水濡れ、水没が原因で損傷した場合は、保証対象外とされていますが、次期モデルのiphone7sが、IP68規格に準拠し、水没状態での動作に対応した場合に、保証規定でどのような扱いになるのかも、注目されています。